はじめに閲覧されるべきもの

大切なことを書いたり、書かなかったりします。

一部サワー種等を除いた一般的なパンの話

ウチキパン


日本で最初に食パンの製造販売を始めたと言われるウチキパンこと、
旧ヨコハマベーカリー宇千喜商店。


流石は老舗名店!おいしい!


パンは「食物」を示すラテン語「panis」に由来し、
その起源は古代エジプトまで遡ります。
『ナンみたいなピザ生地を一晩放っておいたら、次の日何か膨らんでて超ウマい!』
が始まりだったとか、そんなんだったと記憶しております。


また、農林水産省のパン類品質表示基準第2条ではパンは下記の様に定義されています。

1 小麦粉又はこれに穀粉類を加えたものを主原料とし、これにイーストを加えたもの又はこれらに水、食塩、ぶどう等の果実、野菜、卵及びその加工品、砂糖類、食用油脂、乳及び乳製品等を加えたものを練り合わせ、発酵させたもの(以下「パン生地」という。)を焼いたものであって、水分が10%以上のもの
2 あん、クリーム、ジャム類、食用油脂等をパン生地で包み込み、若しくは折り込み、又はパン生地の上部に乗せたものを焼いたものであって、焼かれたパン生地の水分が10%以上のもの
3 1にあん、ケーキ類、ジャム類、チョコレート、ナッツ、砂糖類、フラワーペースト類及びマーガリン類並びに食用油脂等をクリーム状に加工したものを詰め、若しくは挾み込み、又は塗布したもの


すなわち、パンの味を決定付ける部分の大半は
脂質、糖質、塩分、水分といった極めてプリミティブな因子に加え、
発酵、焼成、加工、保存といった技術的内容に依存すると考えられます。


また、後者に対しては時間的要因が大きく関わっていると言わざるを得ません。


ここまで来といてなんですが
一部の種類や調理法を除いた場合
本当のお勧めのパン屋さんっていうのは
朝とかに焼きたてのパンが食べられる
近所のパン屋さんが一番なのかもしれません……。