はじめに閲覧されるべきもの

大切なことを書いたり、書かなかったりします。

ぼくらの格差社会

ぼくらの世界には明らかに格差がある。


体育の時間、足が速いやつはそれだけでモテる。
デブは野球の時には問答無用でキャッチャーやらされるし
サッカーの時には問答無用でキーパーやらされる。
男なのに胸を揉まれる。


公文を習ってて超むずかしい計算が出来るやつも居れば
九九も満足に出来ないやつも居て
みんな同じクラスで一緒に授業を受けてる。


家にエレベータが付いてるお菓子会社の社長の息子もいるし
ほったて小屋みたいな家にすんでるものすごい貧乏なやつもいる。
みんな同じ体操服着てる。


鉄道模型やラジコンを持ってたのはいつも金持ちだった。
金持ちの家にはでかい庭があって、庭の松がすごい曲がっていて、池に鯉がいて
ビックリマンチョコが箱買いしてあって、ワクワクした。


ドンパッチ、ジュエルリング、フィリックスのガム、キャベツ太郎
とにかくカラフルで体に悪い駄菓子を買って
いつも安いプラモや駄菓子や釣り竿を買って遊んだ。
釣りに行くとき、海まで自転車で行った。
ママチャリのやつも居た。
金持ちは多段変速自転車だった。
自転車を持ってない友だちは走って付いてきてた。


生まれつき左手が無いやつは右手だけで普通にファミコンしてた。
アイスクライマーは、ぼくよりうまかった。
ファミコンのコントローラーが2個しかないから
二人がゲームで遊んでいるのを
一日中後ろで見てるだけの友だちもいた。


それが楽しかった。


不良も普段はつまらなそうだけど
運動会になると意外と楽しそうにしてる。


いじめも普通にある。


あだ名がガリ勉の奴は、将来いい会社に入るんだって言ってる。


美人のあの子もいつか必ずおばあちゃんになる。


ぼくらの世界には明らかに格差があって
それが最高にフェアなんだ。