はじめに閲覧されるべきもの

大切なことを書いたり、書かなかったりします。

見上げてごらん夜空の星を


本屋さんの占いコーナーに置いてある本といえば
表紙の帯には着飾ったおばさまが
ズバリ言うわよ的なドヤ顔で微笑んでいて
『火星人』とか
『水星人』とか
『金星人』とか書かれていて
一瞬
『このおばさまのご出身の惑星なのかな?』
と思ってしまうほど
いっぱい平積みされていることが常でした。


購入するだけで若干運気が下がりそうな感じだったのですが
最近はそうでもないんです。


乙女座
石井ゆかり
WAVE出版
売り上げランキング: 10667


12星座を1冊ずつで描く
最強にカワイイ星座本が
ドカンと平積みされて大絶賛で発売されています。
自己客観視のための読み物として最適です。
大切な人への誕生日プレゼントに如何でしょうか。


さて
そんな暖かい言葉で世界を紡ぐ著者、石井ゆかりさんのサイトから
来られた紳士淑女の方々、はじめまして。
まだ帰らないでください。


今日は僕がハマッている
とっておきの占いについて書こうと思います。


下の写真を御覧下さい。


コナミすごい


これは麻雀格闘倶楽部という
ゲームセンターにある占い機です。
主に
『4人の参加者の中で最も運勢の良い人は誰か』
を占うことが出来ます。


現在の僕はこの麻雀格闘倶楽部の中で
SSSリーグという占いリーグに属しています。


ここに来るまでに
D3リーグ、D2リーグ、D1リーグ
C3リーグ、C2リーグ、C1リーグ
B2リーグ、B1リーグ
A2リーグ、A1リーグ
Sリーグ、、SSリーグ
と、数々の占いリーグを突破してきました。


僕は、これから1ヶ月間
同じSSSリーグ所属者と占いスコアを競い合います。


そこでは、1ヶ月後のリーグ入替日までに、
最低でも規定対局(24半荘)を満たす必要があります。
もはや仕事です。


だいたい毎月8時間くらいゲームセンターに来る必要があるといえます。
一ヶ月間海外出張に行ったりすればそれだけでリーグ落ちです。
合コンなどにかまけていることも出来ません。
自由な時間が作れることと同時に
遊び場に通勤するような謎の真面目さが求められます。


また、有料になっていますので
毎月最低5000円くらい無造作に支払うルーズさが必要です。
更に麻雀格闘倶楽部ではコナミ電子マネー『PASELI』の
オートチャージ機能を使うことで
クレジットカードでの支払いも可能です。


その上で、ある程度、麻雀というゲームを知っていないといけません。
一般的には博打と言われるジャンルの遊技です。


つまり
時間があって
お金を使えて
ゲームセンターに通えて
麻雀をまぁそこそこ知っている
という
選りすぐりのダメ人間たちの中から
真のダメ人間を選び出す場所
こそが
ここSSSリーグなのです。


あなたが悲しいとき、辛いとき、寂しいとき
そんなときには
麻雀格闘倶楽部で闘っている人たちのことを
少しだけ思い出してあげて下さい。


嗚呼、私はまだまだ大丈夫だ…、と。


自分の人生にとって
有益に見える物を一生懸命に選別し
無益に見える物を排除していく。


そんな効率的な生活も悪くないけど


時には
夜空の星を見上げて。


とかいっても
今回はさすがに説得力がないなー。