はじめに閲覧されるべきもの

大切なことを書いたり、書かなかったりします。

水月移写

古桑庵


刀を持たずして相手を制すという無刀の境地に至った達人は、ブログを更新せずともブログを更新しているような風格を漂わせることが可能だという。


刀を持たずして相手を制すという無刀の境地に至った達人は、相手の容姿や学歴や社会的地位を知らない無の状態からでも相手が泣き出すほどの悪口を繰り出すことが可能だという。


刀を持たずして相手を制すという無刀の境地に至った達人は、ブログを書けば瞬時に3ブクマされ、つぶやく前にすでにふぁぼられているという神業を披露した。


刀を持たずして相手を制すという無刀の境地に至った達人は、一人で野球盤や人生ゲームで遊ぶことが出来る。


刀を持たずして相手を制すという無刀の境地に至った達人は、ふっかつのじゅもんを紙に書き写すことなく全て暗記している。


刀を持たずして相手を制すという無刀の境地に至った達人は、風俗への入店時には既に全裸であった。


刀を持たずして相手を制すという無刀の境地に至った達人は、未だ無職であった。